乾燥肌の人が気を付けたいお肌のケア★


前回肌質についてお話ししました。自分の肌質に合わせたケアが大切になります。自分の肌質にあっていないケアをしてしまうと、肌に負担をかけてしまい、肌を痛めてしまう原因になります。肌にあわせたケアを行うようにしましょう。 今日は「乾燥肌」にポイントをあててみました。乾燥肌の人がどういったケアがいいのか、簡単にまとめてみました。 乾燥肌 ケア 洗顔 洗顔は余分な皮脂やよごれ、古い角質などを落とす為におこなうものです。肌を清潔な状態にするために必要なことです。しかし、この洗顔方法に気を付けなければならないことがあります。 回数 洗顔は1日に2回までにとどめておきましょう。やり過ぎる洗顔は必要な皮脂まで落としてしまいます。肌のバリア機能が余計に失われてしまいます。 洗顔のやり方 洗顔料をしっかりと泡立てます。ここが重要なポイントです。泡立てネットなどをつかいしっかりした泡を立てます。その泡を顔にのせて、肌をやさしく泡で洗います。ゴシゴシとこすってはいけません。泡で洗う感覚であらいましょう。 ぬるま湯 洗顔の時に使うお湯はぬるま湯を使いましょう。熱すぎるお湯ではさらに必要な皮脂まで落としてしまいます。さらに肌の水分が蒸発しやすくなり余計と乾燥させてしまうのです。 保湿 洗顔をしたあとに保湿をしっかりとすることが大切です。肌の表面にバリアをつくり潤いや水分を少しでも肌に閉じ込めておくことが重要になります。 化粧水 化粧水は少しでも水分保持力の高い成分が入ったものを選ぶようにしましょう。少しでも肌に水分をためておきたいのです。化粧水を肌になじませてハンドプレスするといいでしょう。しっかり肌に化粧水を浸透させましょう。化粧水をつける際に肌に刺激を与えることはやってはいけません。なるべく優しく肌になじませるようにしましょう。 早めの保湿 洗顔後はなるべく早めに保湿することを心がけましょう。時間がたつにつれて肌の水分が蒸発してしまいます。 乳液&クリーム 油分も肌にとってはとても大切です。化粧水で水分を補給したあとは乳液やクリームをつかって肌にバリアをつくり水分が逃げてしまうのを防ぎましょう。 クリームや乳液は両手にのせて手を合わせるようにして温めてから塗ることで肌に浸透しやすくなります。乳液やクリームもハンドプレスをしてしっかり肌になじませましょう。 このように乾燥肌の人は気を付けたいポイントがいくつかあります。少しでも乾燥を防ぐためにもしっかり保湿をしましょう。特に乾燥する季節などは普段の保湿がとても重要になります。乾燥させないように気を付けましょう。 フェイスパック 保湿したいからとフェイスパックなどを使う人がいると思います。もちろん肌にうるおいを与えることは大切ですが、フェイスパックはやり過ぎに注意が必要です。フェイスパックをつけておく時間は15分程度にとどめておくようにしましょう。やり過ぎてしまうと余計と肌の水分を奪われていまいます。気を付けましょう。 紫外線ケア 乾燥肌の人は肌のバリア機能が失われてしまっていることが原因で肌の水分や潤いが失われてしまっています。外出する際には紫外線のケアもしっかり行いましょう。紫外線を浴びすぎることで肌がダメージを受けてしまいます。これではより乾燥を進めてしまう原因になります。紫外線からも肌を守る為にもしっかりとケアをして外出するようにしましょう。 このように乾燥肌の人はしっかりと水分と油分を補うことが大切です。少しでも肌への負担を減らして、健康的な肌へ近づけるようにしましょう。使う化粧水や乳液、クリームは自分に合ったものを見つけましょう。なるべく保湿力の高いものを選ぶといいでしょう。自分にあったスキンケア商品を見つけることで肌を少しでもいい状態へ導きましょう。 肌のバリア機能を回復させて肌の再生能力を元に戻してあげることが大切になります。肌のターンオーバーが正常に働くようになることで、肌がよりよい状態に近づいていきます。その為にも少しでも肌への刺激や負担を減らして、しっかりと保湿するようにしましょう。



Copyright © 乾燥肌の人が気を付けたいお肌のケア All Rights Reserved.